茶事の会

方扣庵(ほうこうあん)では、日本伝統文化の寺子屋となるよう、互いに響き合い、一期一会を深める、協益性の高い文化教育事業を行っております。各定期講座の他、ご要望に応じた個別企画も承ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

*各講座への参加お申込み方法

当ホームページのお問い合わせフォームより、以下の項目をご記入の上お申し込みください。当法人よりお申込みの確認メールをお送りいたしますので、本確認メールをもって受付完了とさせていただきます。

・お名前

PC用メールアドレス(携帯用は不可)

・お電話番号

・ご参加を希望する講座名

・会員へのご入会希望の有無 (ご入会方法のページをご参照ください。)

お申込みのキャンセルは、最低でも2週間前までにご連絡下さいますようお願いいたします(例:開催日が日曜のばあい、前々週土曜まで)。開催日14日前以降のキャンセルはお受けいたしかねます。急なご予定で不参加となるばあいは、代理の方にご出席いただいてもかまいません。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

方扣庵 茶事の 

茶事が初めての方からすでにご経験を重ねた方まで、ともに茶の湯にまつわる学びを深める集いです。流派を問わず、和やかに、茶道やおもてなしのこころを各々がさらに豊かに育める機会となるよう、季節ごとテーマに沿って活動を続けております。日本の歳時記を大切にした茶事の体験により、学びあいながら理解を深めてまいります。和装、洋装問わずご参加いただけますので、どうぞ初心者の方も気軽にお申し込み下さいますよう。

 

月1回日曜に、京都 懐石瓢樹の重要文化財茶室『捉月』にて講座をおこなっております。『捉月』は、明治から大正にかけて活躍した四条派の日本画家、今尾景年の邸宅内にあり、大正三年に大徳寺 三玄院の松雲老師より「捉月」と命名され、床柱を大正天皇より下賜された重要文化財重要文化財で、文化財保存活動の一環として使用させていただいております。2017年6月以降の茶事では、羅生門の礎石をもちいた蹲踞とともに、室町時代の灯篭等、貴重な文化財が保存される非公開だった茶庭もお愉しみいただいております。

瓢樹様には各回の趣向に沿った器と茶懐石をご提供いただくとともに、ご当主・西村様による当日の茶懐石やうつわに関するご説明もございます。また老松のご当主太田様のお力添えにより、季節やテーマに寄せた御菓子もお楽しみいただけます。その他、各回の趣向に合う今尾景年の軸や所縁の作品も公開する予定です。

2018年11月25日(日) 10時-14時 口切りの茶事 満席

毎年11月頃、その年の新茶を詰めた葉茶壺の封を切り、茶をいただく茶事を『口切の茶事』と申します。五月の八十八夜以降に新茶を摘み壺に詰め、ねかされ11月に届けられます。この時期は炉開きと重なり、茶人の正月ともいわれます。初座にて茶壺の蓋を切り開くと茶室に円熟の茶が香る、年に一度の貴重な機会に、体験と解説をもって学びを深めてまいります。

2018年12月16日(日) 10時-14時 茶カブキ (清浄華院小方丈にて満席

正午の茶事の流に添い、後座[茶カブキ之式]で進めてまいります。[七事式]とは裏千家八代又玄斎一燈宗室と表千家七代如心斎宗左の兄弟は稽古と修練を目的に考案されました。[七事式]の内の[茶カブキ]には無学宗衍(むがくそうえん)が「甘い・辛い・熱い・冷たいなどと、舌先の味覚により判断しているが、これは仮の判断で、本当の判断はその舌先を裁ち切ったところにある」と偈頌(げじゅ)されています。試し茶 二種を喫し、次に本茶三種を喫し、その味を聞き分けます。客、亭主、執筆者と役を決め進めてまいります。時間を要する茶事となりますが、初めての方、経験を積まれた方、ともにお楽しみいただけます。

2019年2月24日(日) 10時-14時 初点て式の茶事 残2席

一年の慶事を願い縁起のしつらえをして客をもてなし、迎春を祝うめでたい席です。本席軸には今尾景年筆の日本画軸を掛け、京都ならではの正月懐石にて祝い膳や宮中正月に頂きます花びら餅をご堪能いただきます。新たな年の始まりを皆さまと祝いながら、初点ての室礼や進め方について学びます。

2019年3月24日(日) 15時-19時 夕ざりの茶事  残2席

夕ざりとは[夕去る]と書きます。[去る]は時や季節が移り巡り、夕方が来るという意味です。[黄昏の茶事]とも申します。夕ざりでは初座が昼の茶で陽のかまえの花床。後座が夜の茶で陰の茶、床は掛物となります。中立を境に昼から夜へと装いを変えます。一会での二度の趣向の移ろいの風情と醍醐味を、和やかにご体験いただけますよう勧めてまいります。

2018年度(平成29年度)講座日程

2月18日(日)10時-14時 初点ての茶事 終了

3月18日(日)10時-14時 利休忌の茶事 終了

4月22日(日) 10時-14時 暁の茶事の趣向で 終了

5月27日(日)  10時-14時 正午の茶事(端午の節句に寄せて) 中止

6月24日(日) 10時-14時 朝茶事の趣向で 終了

7月22日(日) 10時-14時 正午の茶事(廻り花を加えて) 終了

9月23日(日) 10時-14時 正午の茶事 懐石の心得 終了

10月21日(日) 10時-14時 跡見の茶事 今尾景之先生をお迎えして 終了

11月25日(日) 10時-14時 口切りの茶事 満席

2018年12月16日(日) 10時-14時 茶カブキ (清浄華院小方丈にて満席

2019年2月24日(日) 10時-14時 初点て式の茶事 残2席

2019年3月24日(日) 15時-19時 夕ざりの茶事 残2席

 

2017年度(平成29年度)講座日程 終了

5月21日(日)10時-13時 清華亭で行う基本の茶事『初風炉の茶事』 終了

6月18日(日)10時-14時 瓢樹・捉月で行う特別茶事 『水無月の茶事』 終了

8月20日(日)10時-14時 瓢樹・捉月で行う特別茶事 『涼味の茶事』  終了

9月24日(日)10時-13時 清華亭で行う基本の茶事『重陽の茶事』 終了

10月以降は、瓢樹・捉月でのみ茶事をおこないます。

10月15日(日)10時-14時 名残の茶事 終了

11月19日(日)10時-14時 口切の茶事 終了

12月3日(日)  15時-19時  夜咄しの茶事 終了

 

2016年度(平成28年度)講座日程

1月31日(日)10時-13時  茶事 初点式を祝う 終了

3月19日(土)10時-12時30分 菓子からみた上巳の節句 講話の集い 終了

4月2日(土)10時-13 上巳の節句の茶事  終了

4月3日(日)10時-13 上巳の節句の茶事 終了

5月15日(日)10時-14時  捉月で行う特別茶事1 終了

6月26日(日)10時-12時30分 帛紗のお話し 講話の集い 終了

7月17日(日)10時-13時 なちやで行う 『祇園会の茶事』  終了

9月18日(日)10時-12時30分 日本の香りあれこれ 講話の集い 終了

10月9日(日)10時-14時 瓢樹・捉月で行う特別茶事『名残の茶事』 終了

11月20日(日)10時-13時 清華亭で行う基本の茶事 『口切の茶事』 終了

12月4日(日) 10時-14時 瓢樹・捉月で行う特別茶事 『口切の茶事』 終了

12月5日(月) 10時-14時 瓢樹・捉月で行う特別茶事 『口切の茶事』 終了

2017年(平成29年)

2月19日(日)10時-14時 瓢樹・捉月で行う特別茶事 『初点式を祝う』 終了

3月19日(日)10時-13時 清華亭で行う基本の茶事 『利休忌の茶事』  終了

 

参加費:  会員 25,000円、非会員 25,500円

定員:各席8名、茶カブキのみ10名 先着順予約制

場所:京都市中京区六角通新町西入北側 懐石瓢樹 重要文化財茶室『捉月』

茶歌舞伎:上京区寺町通広小路上ル北之辺町395 清浄華院・茶室『清華亭』

*満席のお席につきましては、キャンセル待ちをお受けしております。

*正座椅子もご用意しておりますので、ご希望の方はお申込みの際にお知らせください。

 

すでに実施した講座内容の詳細につきましては、茶事の会/過去の講座内容ページに写真等を掲載しておりますので、是非ご覧くださいませ。

懐石 瓢樹 『捉月』(重要文化財)